ADAコインをダイダロスウォレットに保管する方法

仮想通貨の一種、ADAコイン(エイダコイン)。

このコインを公式のウォレット「ダイダロスウォレット」に保管しておくと、最初の半減期2.4年後まで年利9.13%で増えるという噂が出回っているので、早速試してみました。

※一時期Twitterでも盛り上がっていましたが、なかなか公式発表されませんね。。。まさか詐(略)

関連記事はこちら↓

宝くじではなく草コイン(仮想通貨)に賭けた結果、原資が2.8倍になった話

 

ADAコインはPoS方式を採用

仮想通貨のトップに位置するビットコインはPoW(Proof of Work)というマイニング方式を採っています。これはWorkした分だけ報酬が得られるというものです。

一方、ADAコインはPoS(Proof of Stake)という方式で、その通貨の保有量によって報酬が得られるというものを採用しています。

余談ですがコインによっては、PoI(Proof of Importance)やPoC(Proof of Consensus)というものも存在します。

折角ADAコインを保有していても、取引所に置いてあるだけだと意味が無いので、ADAコインの公式ウォレットにコインを移してみます。

 

ダイダロスウォレットのダウンロード

ダイダロスウォレットの公式サイト右上のDOWNLOADから、OSを選択してウォレットをダウンロードします。

現在スマホ用のウォレットは無く、WindowsかmacOSのみ(どちらも64bit版)のラインナップです。

非公式のスマホ用ウォレットもあるようですが、セキュリティ面が保証されていないのでご注意ください。送金した途端消滅するかもしれませんよ?

インストール

ダウンロードしたexeファイルを実行し、インストールします。

指示に従っていけば数分で完了します。

 

インストールしたDaedalus(ダイダロス)を実行

インストールしたDaedalus(ダイダロス)を実行すると言語選択画面と利用規約が出てくるので、選択と同意をします。

その後”中央サーバにログを送信する”というメッセージが出てくるので、”次”を選択すると、ブロックの同期が始まります。

同期が完了するまで、ひたすら待ちましょう。。。

同期完了まで1時間半掛かりました。

 

ウォレットの作成

同期が完了すると自動的に画面が切り替わるので、左上の”ウォレット新規作成”を選択し、ウォレット名とパスワードを設定します。

※ウォレット名は後から変更出来ます。

“個人ウォレットを作成”をクリックすると復元フレーズが表示されるので、メモしておきましょう。

※復元フレーズはPCが壊れた時などに必要になるものなので、大切に保管しましょう。これが無いと保管しているコインが取り出せなくなります。
また、他人に知られると不正にアクセスされる危険があるので、取り扱いには注意しましょう。

その後復元フレーズの選択を求められるので、先ほどメモした復元フレーズを選択します。

正しく選択すると、ウォレットが作成されます。

 

ウォレットに入金する

“入金”を選択すると、ウォレットアドレスが表示されます。

これを取引所で指定してあげると、入金出来ます。

僕はBinanceを利用しているのでそこから入金してみようと思いましたが、現時点でNetwork busyになっており、ADAコインの出金が一時停止していたのでまだ試せていません。

ここまで設定したのに入金出来ないとは。。。後日試してみます。

試してみました!(2018年2月17日追記)

BinanceからダイダロスウォレットへADAコインを送る方法

まとめ

現時点ではどれほどのADAコインをどれだけの期間保有していると報酬が得られるか発表されていませんが、2018年の4月以降、動きがある事を期待しておきます。

まだそれほど普及していないADAコインですが、高騰を夢見て今のうちに仕込んでおくと面白いかもしれません。